電話

ご予約・お問い合わせ

0586-(よ)64-9ろしく105じゅんこ

Web予約24時間受付可能

ブログ

超音波検査のこと

2020年3月30日

ご無沙汰しています。
しばらくブログを更新していませんでした。
新型肺炎が怖いですが、パニックにならず、できることをできるだけしていきましょう。
私たちに今できるのは、てあらい、うがいをおこない、不要不急の外出をさけ、買いだめなどパニックにならないことです。
いつでも思いやりを持ち、今自分の行動が他の誰かのためにどうなるかを考えて行動しましょう。

さて。
超音波検査、すなわちエコーの検査です。
痛みもなく、多くの人にとっては苦痛のない(ごく一部の人にとってはくすぐり刑のように苦痛のようです)検査です。
今のエコーの機械は進歩しており、私が研修医になった頃にくらべると全然見え方が違います。かつてはブラウン管のエコーもまだ多く、ノート型のエコーは見え方が(今のものに比べると)ぼやけていたものです。
当院では、乳腺がよく見える専用機を使っています。
手術をたくさんしてきたわたしにとって、エコーの画像は手術のときにみている組織を思い出しながらおこなうことができます。
(ここの組織はこうなっているから、ここのコントラストがこうなっているのだ)などと、ぼんやりしているように見えるかもしれませんが考えながらエコーをしています。
また、私の他に、凄腕の技師さんにもエコーをしてもらっています。
技師さんは専門の資格を持っており、長年病院でたくさんの検査をして訓練されており、写真の撮り方は私より上手です。
写真を見せてもらいながらディスカッションを行い、納得いくまで議論を重ねます。
二人の目をとおしているので、私一人にエコーされるよりお得だと思います。
どちらにあたるかわかりませんが、安心して受けてくださいね。

ところで、人によっては、ものすごく見やすい乳腺のかたと、ものすごく見にくい乳腺の方がいらっしゃいます。手術の時も、ものすごく手術のやりやすい方と、そうでない方がいらっしゃいます(エコーで見やすいからといって手術がしやすいというわけではありません)。
例えるなら、新東名のように100キロでていてもまっすぐででこぼこのない、実に走りやすい高速道路のように、スムースで、まざりあっていない乳腺の方はとてもみやすいです。
逆に、中央道のように、曲がりくねっておりところどころに劣化で生じた凹みがある高速道路はしっかりとハンドルを持ち、注意深く運転する必要があります。
運転しない人には例えたほうがわかりにくかったかもしれませんが。。
かかる時間と、集中力の必要さがそれぞれの方で異なります。
というわけで、早く検査がすむ人とそうでない人がいらっしゃいます。
長くかかってしまう方には申し訳ないのですが、どうぞ気長にお待ちください。
また、症状がある、以前なにかいわれたことがある、などのきになることがある場合には特に注意を払います。
原因を探すのに、非常に注意深く見ますので、もしかしたら目からビームが出ているのではと思う時もあります。
例えるなら、土砂降りの中央道、しかも日がくれたところ、向かいのライトが時々眩しい、のように、なっているかもしれません。非常にみにくく、見落とさないように注意深く運転する必要があることもあります。
というわけで、エコーの途中に生返事をすることがあるかもしれませんがどうぞご容赦ください。
注意深く見れば見るほど、また、あなたの乳腺が中央道であればあるほど、寡黙にエコーをすることになります。
私は、一つのことしかできない不器用な人間ですので、テレビに集中すると箸を取り落としたりするような体たらくですので、エコーの時も注意していると話せません。
終わったら説明しますので、気長にお待ちくださいね。
ドライブに行きたくなりました。
肺炎が落ち着いたら、また前のように、皆気兼ねなく外出したいですね。
ただただ願っています。

上に戻る